桑原聡建築研究所

Satoshi Kuwahara Architectural Studio

  • 文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

home

Column

藝大オペラ「コジ・ファン・トゥッテ」

Column

藝大オペラ「コジ・ファン・トゥッテ」

20141005.jpg毎年秋に行われている藝大オペラ。
今年で60年目だ。
僕は2005年のモーツァルト「皇帝ティートの慈悲」からほぼ毎年、娘と一緒に観に行っているので今年で10年目だ。
学生のときはオペラの面白さが分からなかったので、学内でのこんな舞台を見逃していたとは、今思えばもったいないことをしたなと思う。

今日の演目はモーツァルト1790年のオペラ・ブッファ「コジ・ファン・トゥッテ」(女はみなこうしたもの)
台本はヨーゼフ2世の宮廷詩人だった、ロレンツォ・ダ・ポンテ。
3年前にも同演目で行なわれているが、当然出演者は入れ替わるし、舞台装置も手数の限られた中での手作り感あふれる工夫が楽しめる。

このオペラ、タイトルの通り、女が主役の演目だ。
この時代の愛の告白はじれったい。
しかし、これこそが、ミラン・クンデラの言う「緩やかさ」の時代のお話だ。
男子がんばれ、と僕は密かにエールを送った。

今年も学内外からの大勢の観客で賑わっていた。

各種ランキングに参加しております

にほんブログ村 住まいブログ 人気ブログランキング マイホーム 住まいる Blogランキング 住まい

Comments

この記事に対してコメントする *は必須項目です。

 

Trackback

Trackback URL : http://www.s-kuwahara.com/cms/trackback/676

Page Top