桑原聡建築研究所

Satoshi Kuwahara Architectural Studio

  • 文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

home

Column

展覧会「加地邸をひらく-継承をめざして」

Column

展覧会「加地邸をひらく-継承をめざして」

公開されたばかりの「加地邸」を見学してきました。

「加地邸」は、遠藤新が設計して、1928年に神奈川県の葉山町に竣工した住宅です。
遠藤新は、アメリカ人建築家、フランクロイドライトの弟子として、帝国ホテルを完成させた人です。
因みに、ライトはこの時、建築費オーバーを理由に完成を見ることなく解雇され、帰国してしまいました。

この秋から、この昭和3年生まれの、築84年になる「加地邸」の建物を会場として、展覧会「加地邸をひらく-継承をめざして」が開催されています。
ここは、師匠であるF.L.ライトに習い、建築家、遠藤新が、建築、照明器具から家具に至るまで総合的に手掛けた別荘建築です。

20141018-1.jpg20141018-2.jpg

周辺には建築家、吉田五十八設計の山口蓬春記念館や、神奈川県立近代美術館葉山など、建築の見所が多い場所です。
また、相模湾を望む海辺の散歩が楽しめる場所なので、一日過ごしに出かけるのがお勧めです。

各種ランキングに参加しております

にほんブログ村 住まいブログ 人気ブログランキング マイホーム 住まいる Blogランキング 住まい

Comments

この記事に対してコメントする *は必須項目です。

 

Trackback

Trackback URL : http://www.s-kuwahara.com/cms/trackback/687

Page Top