桑原聡建築研究所

Satoshi Kuwahara Architectural Studio

  • 文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

home

Column

白金台の現場から

Column

白金台の現場から

現在工事が進む白金台の現場から。
この建物はオーナー住宅2戸を含む総戸数9戸の共同住宅。
お父様から相続された土地を部分売却してその資金を元手に残り半分に共同住宅を建設する。
現場では先週末に地下一階の躯体工事が完了した。
一番コンクリート量が多い先週末のコンクリート打ちは今回の工事中一番の山場で、作業完了は夜11時を超えたという。
今回の建物、壁の位置がすべて扇型に開いている形状に加え、少しずつズレながら連なっていくため、墨打ち作業、型枠組立作業、鉄筋の配置すべてが難しい工事となった。
さらにすべてが逆梁工法のため、型枠がすべて宙に浮いている状態で、コンクリートを打つ。だから、コンクリートによって大きな圧力がかかると型枠が押されてズレやすいという厄介な点もある。
今回の工程を無事乗り切り基準ができてしまえばそこから先は難しいけれども何とかなるはずだ。
現場監督の表情が明るくなった。

20151211-1.JPG

各種ランキングに参加しております

にほんブログ村 住まいブログ 人気ブログランキング マイホーム 住まいる Blogランキング 住まい

Comments

この記事に対してコメントする *は必須項目です。

 

Trackback

Trackback URL : http://www.s-kuwahara.com/cms/trackback/755

Page Top