桑原聡建築研究所

Satoshi Kuwahara Architectural Studio

  • 文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

home

Column

2016年1月のアーカイブ

Column

2016年1月 [ 1 entry ]

2016 年始のご挨拶

20160105.jpgあけましておめでとうごさいます。

昨年暮れ、今シーズンのスキー初滑りの際に、小一の娘が骨折し、年末年始の旅行は全てキャンセル。自宅で安静に過ごすこととなってしまいました。
年末年始の医師の都合もあり、手術は10日待っての正月休み明けとなるため、未だ、なすすべなく自宅に籠っております。

昨年は、仕事でもプライベートでも、彼方此方へ出掛け、随分慌ただしい一年を過ごしてまいりました。
今年も、それなりに移動の多い年になりそうで、まだまだ精力的に動いて参ります。
現在、岩手県の八幡平で手がけている、高齢者居住のプロジェクトが第二ステージに入り、隣接する病院の建て替えが、今春着工を目指して前進します。
私は微力ながらも、デザインディレクションに関わっております。
空間から発信されるコミュニケーションが、地域に放たれることの手応えと面白さ。
さらにそれにより、地域で何かが芽生え、人々の中に化学反応のように変化が起きてくれたら、という思いと期待に胸が膨らみます。

この年末年始、何処にも行かずに自宅に籠って読書三昧となりました。
面白いもので、読書をしていると、自分の生き方について俯瞰するような視点が芽生えます。
暫し立ち止まって俯瞰し、また再び地上を走り始めるような、そんな年始の気分も得難いものです。

人と人の出会いや繋がりには、若い時にはよくわからなかった、摩訶不思議な引力が作用しています。
建築家は、そのような引力を自身とは別に、いくつでも形にして可視化させることができる、ということが強みです。
そんなことを意識し、また、その責任の大きさを感じながら、ことし、より一層、自分の持つ引力を空間に定着させ、結実させてまいりたいと思っております。

どうぞ、本年もよろしくお願いいたします。

Page Top