桑原聡建築研究所

Satoshi Kuwahara Architectural Studio

  • 文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

home

Column

立派な牛をいつか持ちたい!

Column

立派な牛をいつか持ちたい!

「立派な牛をいつか持ちたい!」そんな夢を持って暮らしている人々がいる。
南西諸島の奄美群島に属する離島の1つ、面積約250平方キロメートル、周囲約80キロ、人口約27,000人の島、徳之島のシマンチュたちのことだ。

20160714.jpg

昨晩は、アクティブシニアのCCRC構想を前向きに検討している、徳之島伊仙町から来られた大久保明町長さんを交えての勉強会に参加した。
伊仙町は、120歳まで生きた泉重千代さんをはじめ、長寿の町として有名である。どうやら、この島だけに特有の多種多様な地質から生み出される植生環境が、ずば抜けて栄養成分が濃厚な野菜を育み、それらを摂取することによって長寿がもたらされているらしい。現在それを裏付ける研究が進められているそうだ。
今も町の人口6600人に対して100歳以上の高齢者の方々が27人もいらっしゃる。また、合計特殊出生率2.81人は全国一位に輝く。
闘牛に沸き、祭りだけでなく、出産祝い、入学祝い、成人祝い、そして冠婚葬祭もすべて町ぐるみ、集落ぐるみ、という、何をするにも熱い人々なのだ。

このとてつもなく面白い町をお題に、僕たちが知恵を絞ってまちの活性化の具体策を考えてみよう、というのが今回のテーマだ。少しいつもの仕事から離れて、人と人がつながる仕掛けや方法を考えてみる良いチャンスなのだ。
講師は八幡平でお世話になっている、三菱総合研究所の松田智生さんが努めている。

各種ランキングに参加しております

にほんブログ村 住まいブログ 人気ブログランキング マイホーム 住まいる Blogランキング 住まい

Comments

この記事に対してコメントする *は必須項目です。

 

Trackback

Trackback URL : http://www.s-kuwahara.com/cms/trackback/773

Page Top