桑原聡建築研究所

Satoshi Kuwahara Architectural Studio

  • 文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

home

Column

野崎島

Column

野崎島

20161006-1.jpg20161006-2.JPG20161006-3.JPG20161006-4.JPG20161006-5.JPG20161006-6.JPG「野崎島」は小値賀島の東2キロに位置する無人島です。
無人島と言っても結構大きく、南北約6.5キロメートル、東西約2キロメートル、面積7.36平方キロメートルあります。
かつては野崎・野首・舟森の三集落があり、1950年代には650人前後の人々が暮らしていたそうです。
人が住まなくなった島内には、現在、野生のニホンジカ400頭以上が生息しています。
コバルトブルーの野首海岸を見下ろす絶景の地には、廃校となった小値賀小中学校野崎分校があり、ここを、簡易宿泊施設として利用することができるようになっています。

この島の中央に位置する「野首集落」は潜伏キリシタンが移り住んだ集落で、野崎島にかつてあった野崎、野首、舟森、3つの集落のうち、「舟森集落」と共に信仰が深かった地域とされています。
旧野首教会は、この集落に住む17世帯の信者たちが貧しい暮らしを続け、力を合わせて費用を捻出し、鉄川与助の設計施工により、1908年(明治41年)10月に完成させたというレンガづくりの教会です。
建設費を捻出するために信者達は共同生活を始め、大人は1日2食と生活を切り詰め、キビナゴ漁などで資金を蓄えたと言い伝えられています。

しかし、高度成長時代の流れとともに、野崎島の人口流出は進みました。
島の南端にあった舟森集落は、戦後34世帯が暮らす集落でしたが、1965年(昭和40年)には13世帯までに減り、翌年1966年(昭和41年)に最後の住民45人が小値賀島に集団離村し、無人の地になりました。
野首集落は、戦後28世帯171人が暮らしていましたが、1970年(昭和45年)には6世帯28人となり、翌年1971年(昭和46年)には最後の6家族が島を離れたことで廃村となりました。

舟森集落までは山道を歩いて約二時間。
森のなかから野生の鹿が出てきて横切っていったり、野生のイノシシと遭遇するワイルドな道です。
この一本道は、この島の集落と集落を結ぶ唯一の陸の道です。
そうして辿り着いた棚状の畑の石積みが残るかつての集落は、やはり絶景の土地でした。
ここでもやはり先端の海岸でひと泳ぎして汗を流そうと海岸まで降りて行きました。
ところが、イノシシの先客がおりましたのでしばらく待って姿が見えなくなるまで順番待ちをしました。
このイノシシ、もともとこの島にはいなかったのですが、海を群れで泳いで渡ってくるのだそうです。
害獣ではありますが、泳いでわたってくる姿を想像するとちょっとユーモラスな感じがしますけれどね。

ここから対岸の上五島、中通島、新上五島町は目と鼻の先です。
しかし、この海峡は潮の流れがとてつもなく速く、万が一流されたら大変危険です。
ですので、ここでは水浴び程度にとどめました。


野崎島 面積7.36 km2 人口0人

各種ランキングに参加しております

にほんブログ村 住まいブログ 人気ブログランキング マイホーム 住まいる Blogランキング 住まい

Comments

この記事に対してコメントする *は必須項目です。

 

Trackback

Trackback URL : http://www.s-kuwahara.com/cms/trackback/778

Page Top