桑原聡建築研究所

Satoshi Kuwahara Architectural Studio

  • 文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

home

Column

2018年1月のアーカイブ

Column

2018年1月 [ 3 entry ]

内覧会のお知らせ

大寒の厳しい寒さが身にしみる季節となりました。 皆様方におかれましては益々ご活躍のこととお慶び申し上げます。
この度、東京都新宿区荒木町の集合住宅【Court Modelia YOTSUYA ARAKICHO】 が竣工致します。
引渡を前に、内覧会を開催させて頂くこととなりました。
御多用中とは存じますが、お繰り合わせのうえ御参加くださいますよう、お誘い申し上げます。

なお、現場は内部フロアが大変冷えておりますので、靴下と手袋(できればスリッパ)をお持ちになることをお勧めします。

日時 2018年2月3日(土)13:00~17:00
住所 東京都新宿区荒木町16-10
交通 都営新宿線「曙橋」駅 A4出口徒歩2分
   東京メトロ丸ノ内線「四谷三丁目」駅 4番出口徒歩8分
当日連絡先 090-2305-7592(桑原)  090-4076-2798(清水)

四谷荒木町オープンハウス.jpg

内覧会のお知らせ

大寒の厳しい寒さが身にしみる季節となりました。 皆様方におかれましては益々ご活躍のこととお慶び申し上げます。
この度、東京都新宿区荒木町の集合住宅【Court Modelia YOTSUYA ARAKICHO】 が竣工致します。
引渡を前に、内覧会を開催させて頂くこととなりました。
御多用中とは存じますが、お繰り合わせのうえ御参加くださいますよう、お誘い申し上げます。

なお、現場は内部フロアが大変冷えておりますので、靴下と手袋(できればスリッパ)をお持ちになることをお勧めします。

日時 2018年2月3日(土)13:00~17:00
住所 東京都新宿区荒木町16-10
交通 都営新宿線「曙橋」駅 A4出口徒歩2分
   東京メトロ丸ノ内線「四谷三丁目」駅 4番出口徒歩8分
当日連絡先 090-2305-7592(桑原)  090-4076-2798(清水)

四谷荒木町オープンハウス.jpg

遅ればせながら、あけましておめでとうございます

1月も半ばになりましたが、遅ればせながら、あけましておめでとうございます。

昨年もいくつかの変化がありました。
大きな変化としては、東京と岩手県八幡平市での二拠点暮らしを始めたことです。
岩手県八幡平市でここ三年に渡って関わって来た、福祉、医療のプロジェクトが一通り完成し、この先の地域との関わりを模索する中で、そのままフェードアウトするのではなく、思い切って地域で共に暮らし、プロジェクトの今後を見守って行こう、との思いで始めた、半ば実験的な取り組みです。
小学校三年生の次女が地域の学校に転校し、地域の子供として受け入れていただいているので、子供を媒介とした地域との繋がりも生まれ始めています。
目標は地域が子供を育て、高齢者は地域に見守られ、高齢者から子供までがお互いに繋がりあうコミュニティづくりです。
こうして、東京生まれ、東京育ちの私たちが、第二の故郷を持ち、また、それは今後、第三、第四と深く繋がっていける地域ができたら、それもまた人生の大きなプレゼントではないかと思っています。

20180115.jpg

八幡平は今年、良質のパウダースノーに恵まれ、実に美しい雪景色に抱かれています。
私の部屋からは時間によってめまぐるしく変わる山の天気によって様々に表情を変える岩手山とその裾野の風景を常に感じることができます。
日常的に自然から力をもらうことができるのは今の暮らしにあって最大のご褒美です。
この素晴らしさを伝えるためにどんな言葉や写真を駆使しても100%伝えることは困難です。
やはり、百聞は一見に如かず。
行って、見て、食べて、感じて、そうした中で一言では言い表せない喜びを感じることがあります。
そんな居心地の良さこそが地域の力だと思っています。

ところで、人口減少に危機感を感じた地方の自治体が、みな、一斉に、魅力的な言葉を駆使して人の呼び込み策を講じています。
そんな中で幾つかの自治体と対話を始めて思うことがあります。
皆、一言で言い表せる解りやすいキーワードを探しもとめているのですが、実はどこもみな、すでにたくさんの良いものを持っているのです。
それがあまりにも当たり前すぎて気がつかないだけです。
それで、その良いものの内訳はどこもそう変わらないのです。
美しい海、山、里山の風景、歴史・伝統、新鮮で安全な食、美味しいお酒、温泉 。。。
特筆すべき何かは戦略的に後付け、かつ「直列的思考」でキャンペーンされたものです。
僕は逆に「並列的思考」礼賛者でありたいと思っています。
当たり前だけど、とっても良い地域作りがしたいのです。
その方がかえって噛(住)めば噛(住)むほど味が出てくる街(地域)になると思うからです。

Page Top