桑原聡建築研究所

Satoshi Kuwahara Architectural Studio

  • 文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

home

Column

2018年3月のアーカイブ

Column

2018年3月 [ 1 entry ]

58回目の誕生日

昨日は、58回目の誕生日でした。
娘も私も特に何も用意していなかったので、有り合わせのご飯を食べて、たまたま冷蔵庫の中にあったプリンにかわいい手作りのキャンドルを刺してお祝いしてくれました。
20180316_1.JPG20180316_2.JPG

20180316_3.JPG
一夜明けて一階に下りると、テーブルの上に小さな手紙が。
手紙の指示通りに次々と謎解きをしながら次の手紙のありかを探していきます。
4枚目の手紙のありかがどうしても分からず、苦戦を強いられました。
たくさんヒントをもらった末にやっと見つけると、そこには「パパの一番好きな人のところ」と書いてありました。
今このうちにいるのは僕と娘だけですから、見つけたよ〜、と娘のいる二階にかけ上がりました。ところが「そうじゃなくて、私じゃなくって、ほら!」と娘が言います。
そうか、最後の手紙は5年前に亡くなった彼女の母の写真立てのところに置いてあったのです。

20180316_4.JPGそれは、たくさんの感謝が綴られた手紙でした。
先週の卒業式のこと、6年間のうち5年間は僕が頑張って作ったお弁当のこと、目指した受験を諦めかけていたところを僕からの励ましの言葉で来年もう一度頑張る決心をしたこと、などなど。
涙が溢れてきてぐしょぐしょになりながら読んだその手紙は、今でも思い出すだけでウルウルしてしまうくらい嬉しいものでした。

娘も大人になったなあ、と感慨深い一方で、僕は確実に涙もろい爺さんになっていたわけです。
いやいや、なんともお恥ずかしい家族の暴露話ですが、おそらくこれまでの人生で一番素敵な誕生日でした。

ありがとう!

Page Top