桑原聡建築研究所

Satoshi Kuwahara Architectural Studio

  • 文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

home

Column

Ben Willikens のこと

Column

Ben Willikens のこと

Antoni Taulé と同様にかつてのヨーロッパ旅行で強く印象付けられた二人のアーティストのもう一人が Ben Willikens(ベン・ウィリキンス)だ。
1985年にフランクフルトのドイツ建築博物館で開催されていた展覧会で観た作品の作者だ。
1939年6月21日、旧東ドイツ、ライプツィヒ生まれ。
1947年に両親とともにソビエト占領を逃れ西側に移住している。
彼の作品はどれも一点透視で描かれた無機質な空間で、それらがギャラリーの壁一面ほどもある大画面に広がっていた。
吊り下げられた裸電球の影や、斜めに立てかけられた棒の陰が、かろうじて空間にわずかな動きを与えているものの、どこまでも冷たく静まりかえった空間は静謐であると同時に、静謐さとも違う何か今という次元を超えた、あの世の次元のようなそんな気配を漂わせている。
建築は使われなくなれば廃墟として生きることになるわけだけれど、この絵の中でそれらは廃墟にならずにそのまま静かに、生きているのか、死んでいるのか、どちらにも属さない、そんな状態にあった。言ってみれば「仮死状態」のような中で、わずかに生きていた。
特に、レオナルド・ダ・ヴィンチの「最後の晩餐」から、人ともの、そして装飾の一切を剥ぎ取ったかのような巨大な作品は圧巻だった。
それというのも、作者がかつて病気のためにほぼ1年間過ごすことになった病院生活での印象が彼にそのような絵を描かせたようだ。

Ben Willikens-1.jpeg

その時の展覧会で手に入れた作品集は今も宝物として「座右の銘」のごとく大切にデスク脇の本棚に収まっているし、時々プレゼンテーションのイメージ資料として使わせていただいてもいる。
Ben Willikens もまた、Antoni Taulé と同様に美術書店や美術館の学芸員に何度か問い合わせたけれども全く手がかりがつかめなかった作家だった。
しかし、僕の観た1985年の個展以降、これまたAntoni Taulé 同様、Ben Willikens もまた、オペラハウスのための舞台デザインを手がけるようになったという。
僕としては是非、日本での展覧会を実現してもらいたい、そんな作家の一人だ。

早速、1985年以降の作品集をアマゾンで見つけたので即ポチッ!といたしました。

Ben Willikens-3.jpegBen Willikens-4.jpeg

各種ランキングに参加しております

にほんブログ村 住まいブログ 人気ブログランキング マイホーム 住まいる Blogランキング 住まい

Comments

この記事に対してコメントする *は必須項目です。

 

Trackback

Trackback URL : http://www.s-kuwahara.com/cms/trackback/814

Page Top