桑原聡建築研究所

Satoshi Kuwahara Architectural Studio

  • 文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

home

Column

家族のアーカイブ

Column

家族 [ 54 entry ]

「あそぼー」

今日は滞った仕事をしたい。
そう思ってパソコンに向かうと「あそぼーよー」と、娘が脚もとに纏わりついてくる。
そういう時はこれ。
ハサミと大量の裏紙、もしくは折り込み広告。
するといつまでも飽きずにチョキチョキチョキ。
今日のBGMはJohann Sebastian Bach:Cello Suites、全然関係ないけどチェロの響きとハサミの音がとってもシュールな組み合わせ。
仕事をしながら振り返って時々作品を褒めるとさらに熱中。
これは共存共栄のための必殺技だ。
ビジネスの世界ではWIN-WINの関係、という奴か。
僕の場合も、上手なクライアントさんからはこんな風に操られている筈だ。きっと。

さあ、そろそろお出かけする時間。
床に散乱した「作品」を一緒に片付けようね。

20111105.jpg

相手のペース、自分のペース

昨日から妻が高熱を出して調子が悪い。
午前中のミーティングをキャンセルして朝一番で病院に連れて行き、家に送り届けた後、下の娘を連れて午後1時からの打合せのために出勤。
今日は保育室の予約のない日だからだ。
おなかが減るととたんにぐずり出す娘のために「東急のれん街」で調達したお弁当。
打ち合わせをしながら彼女に与える。
20111031.jpg事務所には彼女専用のデスクがあり、色紙、色鉛筆、クレヨン、、、と遊びの材料はいくらでもあるから、放っておいても調子良ければ一人で楽しそうに遊んでいる。
途中「下」のお世話で中座したけれども3時間半の打合せを何とか乗り切った。
その後今度は不動産関連の契約だ。
今度は疲れ果てて眠っている間に終了。
再び事務所に戻って朝一でキャンセルした所内ミーティング。
スタッフの間を歩き回ってはしゃいでいるけれどもこれは許そう。

自分のペースだけ考えていたら何もできない。
だけど、相手のペースと自分のペースを上手いことあわせながら進めればそれほど難しいことはない。
子育ても人生も組織もみな同じだな、、、と思う。

「あそぼう!」

夜更かし型の設計事務所だけれども、僕は何があっても9時前には事務所を出て9時半には自宅にいるようにしている。
家に帰ると夜更かし型の2歳の娘が玄関まで走って迎えにきてくれて、「あそぼう!」「いっしょにやろう!」を連発する。
彼女が最近ハマっているのは紙をはさみで切ってテープで留めて何かの立体を作ること。
出来た作品を僕のところまで持って来てプレゼントしてくれる。
独り言をいいながらとにかく、ばりばり、チョキチョキ、と、いつまでもやっている。

「あそぼう!」がそのまま仕事になっちゃったような今の僕。
血は争えないなあ、とそんな後ろ姿を見てほっこり思う。

20111003.jpg

我が家の夏の始まり

例年の夏だと妻の誕生日である昨日から夏の休暇に入り、約10日間、山に籠る。
しかし、今年はこの時期に竣工が重なったこともあり、家族のスケジュールが調整つかない。
だから久しぶりの休日となった今日、1日遅れの妻のお誕生日お祝い会を東京で行った。

夏らしい天気の少ない今年、夏本番が大分遅れているような気がする。
しかし、我が家では何となく、7月末から山に籠るこのタイミングから本格的な夏が始まるような実感があるのだ。

会場として選んだのは日仏のラ・ブラスリー。
この辺りはいまでもお屋敷が多い街だから、食後に庭で遊んだ子供達のほっぺたやおでこは蚊に食われて大きく腫れている。
そんな光景も一つの日本の夏らしさと感じられた。

夕方、六本木ヒルズへ仮設住宅の展示を見に行った。
これは岩手県陸前高田市の隣町である住田町で建設が進む木造の仮設住宅の実物展示だ。
この木造仮設住宅はすべて間伐材を活用して建設したもの。
9坪と小さいながらも木の香りが心地よく癒される空間にしあがっていた。

20110731.jpeg

劇的「模様替え」

週末、福岡出身の妻は同窓会へ出席するために1泊2日で里帰り。
北九州出身者の僕の先輩も同窓会の時には仕事を休んでなみなみならぬ情熱を注いでいた。
山笠と同窓会は仕事を休むことが許されるらしい。
だから我が家の場合も幹事を引き受ける年には「ちょっと用事が、、、」なんてことは絶対に許されないのだ。
そこで妻と下の娘が福岡へ。
僕は上の娘と二人でお留守番だ。
娘には妻から沢山の宿題が出されている。
僕はその見張り番を仰せつかった。

娘が机に向かっている間に僕は思いついた。
このチャンスにモノで溢れていた部屋を片付けてしまおう。
実は先日、生まれたばかりの頃の我が家の写真を見た娘が「え〜っ、ウチってこんなにきれいだったの〜?」と、驚いていたのを聞いてショックを受けた。
そこで、せっせと大きなゴミ袋に要らないものを放り込んでゆく。
せっかくなので家具のレイアウトも変えてしまおう。

ガタゴトと模様替えをしていると娘が見に来て「うわ〜きれい!」といって自分の部屋も模様替しはじめた。
僕も昔、試験前になると急に部屋の模様替えをしたくなったり、大掃除をしたくなったりしたものだ。
確実に血を引いている。
これは一種の逃避行動なのだが、時間を区切って休み時間に模様替えをするよう言い聞かせる。

あと数時間で妻が帰ってくる。
驚く顔が見たくて最後の調整をした。
さて、いまから花を買いに行こう。

20110612-1.jpg

家族サービスの日

気持ちのよい天気に恵まれた東京。
いつも何もない休日は渋谷、表参道周辺に出没していることが多い。
今日も特に目的無く表参道へ。
参道沿いの300円パーキングに空きを見つけ車を停めた。
目の前が前から気になっていた新潟物産館のネスパス。
ランチはここで、と決め、地下の食楽園へ。
周辺のお店の混み具合からするとここは比較的空いていてすぐに席へ通された。
安くてボリューム満点で美味しいのでここはおすすめだ。

食事の後、ネイルサロンへ行く妻と別れ、娘と二人、明治神宮をお散歩。
今日は朝のパンケーキ、夜のパスタともに僕が作り、すっかり家族サービスの日となった。

20110604.jpeg

とほほ、の多摩動物公園

娘を連れて多摩動物公園へ。
いつもの様にスケッチブックを持って行ったのだが、あれっ、、、、
入口は大行列。
こんなに混んでいるのははじめて。
マンモス幼稚園の遠足やら、企業の組合の遠足やらで、たくさんの団体さんが集まっている。
混んでいるところや行列が大嫌いな僕はあっという間に好奇心が失せた。
ちっとも美味しそうでないレストランでは何も食わず、テキトーに菓子等食べた。
若干、放置系の親が多いのか、ちびっ子たちの金切り声にかき乱されて絵を描く気も起らない。
けれど、いいことも。
早々に退散したから、午後の大雨には遭わずに済んだ。
しか〜し、昼にボリボリと食べたスナック菓子のおかげ?か、先週一週間のジム通いでせっせと減らした体重があっという間に、もと通〜り。

20110522.jpg

お出かけ日和

良く晴れた一日。
朝から下の娘と二人、車でお出かけ。
屋根を明けるのも久しぶりだ。
屋根がないと、普段と違った景色に娘は大興奮。
朝の明治神宮をお散歩し、その後もうすぐ3歳になる友人の子供と一緒にランチと遊び、夕食は家族揃ってピッツアを食べに。
目一杯のお出かけを楽しんだ一日。
久しぶりに下の娘と濃密にふれあい、ポイントを稼ぐ。
母と子供は黙っていても絆は堅いが、父と子はポイント制だ。
必死に貯め続けていないと有効期限はすぐにやってくる。

20110515.jpeg

Prev 1 2 3 4 5 6 7 Next

Page Top