桑原聡建築研究所

Satoshi Kuwahara Architectural Studio

  • 文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

home

Column

家族のアーカイブ

Column

家族 [ 54 entry ]

無言電話

20100222.jpg最近取引先の方から、「朝早くにお電話いただきましたがかすかな音と息づかいだけのおそらく間違い電話だと思いますが、、、」との連絡をうけることが何度か重なった。
???

今日事実が判明した。
私の携帯が鳴っている。
とれずに切れた。
長女からだ。
折り返す。
しばらくして相手が出る。
しかし聞こえるのはかすかな音と息づかいだけ。
もしもし、もしもし、、、返事はない。
もしや?
携帯に入っていたメッセージを聞くと、1歳になったばかりの次女のものと思われる叫び声で終わっていた。

携帯、大好き。あちこちかまわずかけていたらしい。
関係者の皆様お騒がせいたしました。

節分

20100203.jpg今日は節分。明日は立春。しかし、今日は寒かった。

夕方から住宅の工務店決めのための施主面談。皆さんの意欲が伝わってくる。
コストの大小もあるけれど、やはり人と人の相性が一番重要。さて、施主の腹の内は?

帰宅後、我が家では豆まき。私が鬼に。
鬼のお面は段ボールで子どもとともに自作したもの。

初詣

20100131-1.jpg20100131-2.jpg

渋谷のアトリエの近くの桜ヶ丘では梅の花が満開。あたたかな日曜日だ。
年始からずっとスキーや旅行、オペラなど、週末の予定がびっしりと埋まっていたので、明日から2月という今日になって、やっと明治神宮へ初詣にいってきた。

20100131-3.jpg20100131-4.jpg

いつも通り神楽殿にて家内安全を祈願する。私の場合個人事業主だし、社運隆昌、商売繁昌などもふくめて家内安全でよいそうだ。
明治神宮では、祈願の際に、舞いが行われるので、「祈願祭」と呼ばれ、祈願者は「神楽殿」という畳敷きの大広間に座り、神主さんからお清めのお祓いを受け、祝詞を聞き、巫女さんによる神楽「倭舞(やまとまい)」という明治神宮独自の舞いを見る。
そして最後にお鈴の儀を受け、拝礼の後、直会となる。

ランチはいつもお決まりの南国酒家。
1965年竣工のコープオリンピアの地下に入っている中華料理のお店。
さらに向いのデメルでザッハトルテを買うのもいつもと同じ。

不義理な長男である私は石神井の実家に帰るのも今年初。
夕方から住宅の打合せなので娘と家内を実家に残して先に新宿へ。

多摩動物園スケッチ遠足「立体3Dしりとり」

娘と彼女の友人姉妹を連れて昨年夏から約束していた多摩動物園スケッチ遠足の日。
私が子どもたちを引率して一緒に動物のお絵描きをする。
娘とはたびたび行くことはあったが、今回は他所の子どもを預かるので色々と工夫する。

最年少は幼稚園の年長さん。
多摩動物園は広いので結構歩く。
途中で疲れて動けなくなられでもしたらとても困る。

行きは電車の中で「イラストしりとり」を。
しりとりの言葉をノートに順番に絵で描いてゆく。

20100109.jpg

娘の誕生日

今日は2番目の娘のお誕生日。
この日やっと家族4人が合流してお誕生日を祝うことができることになった。

20100102.jpg

志賀高原で年越し

毎年夏冬恒例の志賀高原行き。
風邪をひいて熱の残る下の娘を残して私と上の娘だけで新幹線で長野へ。
志賀高原は猛吹雪。
そんな中、足慣らしに数本、パウダースノーを楽しんだ。
新調したブーツの調子も良好。

今回は1月7日までの滞在だ。

20091231.jpg

冬休み初日

冬休み初日。
ディズニー映画の「カールじいさんの空飛ぶ家」へ娘とともに。
スタッフのいない事務所へ立ち寄り、年賀状の宛名書き。

20091230.jpg

ザ・リッツ・カールトン東京

今日は小4の娘を塾の冬期講習へ送って行き、塾の隣にあるジムで娘が出てくるまでの間、汗を流す。

その後はお楽しみのザ・リッツ・カールトン東京の「アフタヌーンティー」(子供は「テディベアティ」となる)へ。
45階に位置する2層吹抜けのこのラウンジは昼間、特に明るく健康的な優雅さが漂う。
女性客が目立ち、滞在時間が相当長そう。

20091227-1.jpg

食後に南麻布のフランス大使館で開催中のエキシビション「No Man's Land ノーマンズ ランド」へ。

20091227-2.jpg20091227-3.jpg

Prev 1 2 3 4 5 6 7 Next

Page Top