桑原聡建築研究所

Satoshi Kuwahara Architectural Studio

  • 文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

home

Column

家族のアーカイブ

Column

家族 [ 54 entry ]

スキーの準備

伸び放題だった髪をカットしに15年以上お世話になっている神谷町のお店に自転車で向かう。
それほど寒くなく風もないので気持ちよい。
それにクリスマス前の混雑が嘘のように自動車の通行量が少ないので快適。
東京タワー目がけて漕ぐうちに10分くらいで着いてしまう。

髪をさっぱりと短くして帰宅すると我が家の女子達からは好評。

さて、と、今日中にお正月のスキーの準備をしないといけない。

20091226.jpg

イブ礼拝

久しぶりに朝一でジムへ。
いつもと同じメニューなのにやたらと息が切れた。
継続は力なり、を実感する。

大江匤さんのプランテックで働いていた後輩の藤原君が助っ人としてプロジェクトに関わってくれることに。
彼はCGが得意で私の事務所のスタッフにはないものを持っている。
反面大江さんのところでは事務所ビルばっかり設計していたので住宅を設計したいのだという。
ギブアンドテイクの関係を築くことに。

20091224.jpg

バッハ・コレギウム・ジャパンの「メサイア」

今日はサントリーホールでバッハ・コレギウム・ジャパンの「メサイア」にいく。
席はステージ裏手のパイプオルガンの前。
歌い手と演奏者は後ろ向きになるが指揮者はこちらを目がけてタクトを振ってくる。
サントリーホールの中で私が一番好きな席。
しかも安い。

学生の頃訪れたベルリンのハンス・シャロウン設計のフィルハーモニーホールはサントリーホールの原型だが、そのときの席も学生席でステージの後ろだった。
あの時はティンパニの真後ろでとにかく激しかった。
もうひとつ、ウィーン少年合唱団の歌声はホーフブルク宮殿礼拝堂の2階席から霧のように降り注ぐ。

そんな聴き方も良い。

20091223.jpg

グルガオンディナー

朝ご飯は、娘のリクエストで私の特製パンケーキ。
細かく切ったバナナを混ぜてふっくら焼き上げる。

お昼、今度は牡蠣の殻むき。
昨日Tさんから頂いた三重県産の牡蠣。
牡蠣をむしるのは初めて。
ハサミ片手に軍手をしてしばし格闘する。

20091220.jpg

シングルマザー

風邪をひいた上の娘が病院へ行っている間、下の娘の面倒を自宅で見ることに。

こういう時はひとしきり激しく遊び、体力を消耗させた後にミルクを与え、
添い寝してあげるとすぐにおとなしく眠りにつく。

今日もその作戦で30分足らずで眠らせて追われている図面に取り組む。

昼に久しぶりのジムへ。
ジムの近くで施主と打合せ。
今回のお題はローコスト。
施主はシングルマザー。

そういえば私がインテリアで加わったコスモスイニシアのマンションも
娘や息子と二人暮らしのシングルマザーが何戸か購入しているそう。

皆とても前向きに生活を楽しんでいる。

女性は強い。
草食男と云われるように男の存在感が薄い今日このごろ。
我が家の娘二人も強くなりそう。

肩車しながら図面を描く

仕事に追われて家にいてもパソコンに向かっていることが多いので、
娘からつまらない一日と評される。

それでも何とか翌日打合わせ予定の12月18日納品に向けて
超急ぎ案件のオフィス受付カウンターの制作図を描きあげた。

0歳の娘を肩車しながら図面を描くのは慣れたもの。

Prev 1 2 3 4 5 6 7

Page Top