桑原聡建築研究所

Satoshi Kuwahara Architectural Studio

  • 文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

home

Column

日々のことのアーカイブ

Column

日々のこと [ 69 entry ]

サマータイム

少し前から自転車通勤を始めた。20160621.jpg
片道約10キロの道のりは慣れれば30分で到着する。
なんと、車通勤するより早いのだ。
これまでは子供たちと一緒に朝ごはんを食べてから7時過ぎに出発して8時前に事務所に出社するようにしていた。
事務所の近所に格安で借りているガレージが8時オープンということもその理由のひとつだ。
けれども、自転車であれば時間は自由だ。
さらにこれから夏本番に向けて朝の日差しが強くなるので、出発の時間を早めることにした。
現在の日の出は4時半で、そこから1時間半以内ならまだ日差しはそれほど強くない。
だから4時に起きて、洗濯・娘の弁当・朝食・夕食の前準備を順次済ませて、5時半に出発。6時に出社と決めた。

6時に仕事を始めると、よく言われる通り、とにかく仕事がはかどる。
食卓で朝食をとる娘たちとは二人が通学するまでSkypeでつなげておく。
これで朝の会話ができるし、姉妹の喧嘩の仲裁もできる。

事務所では先ず大量に汗をかいた後の水分補給。うまい。
その後のエスプレッソもこんなに美味しいのかと再発見。
起床から8時間目となるお昼頃にはさすがに眠くなり、ウトウト。
午後もまだ日の高いうちには自転車では暑さが厳しいので、日没1時間前の5時半まで頑張って仕事する。

そして日没前のブルーモーメントは家で過ごすのだ。
昨日は小2の娘に手伝ってもらい、一緒に羊肉のオーブン焼きを拵えた。
学校で収穫してきたミニトマトも添えた。
良い1日だった。

これを僕のサマータイムとして継続採用決定。

「セビリアの理髪師」

昨日の父の日、家族でオペラを楽しみました。
オペラはだいたい年に4回くらい家族で観に行きます。
といっても、何万円もするような有名歌劇場の来日公演にではなく、お財布に優しいものに限り、です。

20160620.jpg昨日の演目は、ロッシーニのオペラ・ブッファ「セビリアの理髪師」
オペラ・ブッファは子供たちと一緒に見てもシリアスな場面がないので、とても楽しく、ペルゴレージ、チマローザ、ドニゼッティ、モーツァルトなどと並んで、これまでも何度か観てきたので、子供たちにとってもお馴染みの演目です。
音楽付喜劇ともいえる舞台は、悪を笑いにかえ、滑稽さを強調する大げさな振り付けに、客席からは思わず笑い声が加わります。
また、オペラでは裏方とも言えなくもない楽団も、ここではとても楽しいのです。
指揮者がタクトを置いてチェンバロを弾き、ギター弾きがオケピから舞台に上がり、愛のカンツォーネを伴奏します。
そして、素っ頓狂な甲高い音を奏でるピッコロ(フルート)が、楽団でも道化を予感させています。

さて、物語の主人公、アルマヴィーヴァ伯爵は、フィガロのとりなしにより、医者バルトロから資産目当ての結婚を迫られていたロジーナ嬢に猛アタック。なんと、このバルトロは、ロジーナ嬢の叔父であり、後見人なのです。しかし、エンディングではめでたくアルマヴィーヴァ伯爵はロジーナ嬢を妻に迎えます。ところが、続編となる、モーツァルトの「フィガロの結婚」では、アルマヴィーヴァ伯爵は一転、超浮気者として描かれ、当時貴族の間に横行していた「初夜権」を復活させて、フィガロの結婚相手であるスザンナ嬢をなんとかモノにしようと画策する悪者を演じます。
あのときの情熱は今何処に?今でもよくある話ですね。
そうしたことを知って観ていると、その歌、表情、振り付けの中にはそう一筋縄ではいかない、人々の心持ちや狡猾さも同時に表現しようとしているのがわかります。

笑い声の少し大きめな下の娘は、前の席のおじさんから時々睨まれていましたけどね。。。

2016 年始のご挨拶

20160105.jpgあけましておめでとうごさいます。

昨年暮れ、今シーズンのスキー初滑りの際に、小一の娘が骨折し、年末年始の旅行は全てキャンセル。自宅で安静に過ごすこととなってしまいました。
年末年始の医師の都合もあり、手術は10日待っての正月休み明けとなるため、未だ、なすすべなく自宅に籠っております。

昨年は、仕事でもプライベートでも、彼方此方へ出掛け、随分慌ただしい一年を過ごしてまいりました。
今年も、それなりに移動の多い年になりそうで、まだまだ精力的に動いて参ります。
現在、岩手県の八幡平で手がけている、高齢者居住のプロジェクトが第二ステージに入り、隣接する病院の建て替えが、今春着工を目指して前進します。
私は微力ながらも、デザインディレクションに関わっております。
空間から発信されるコミュニケーションが、地域に放たれることの手応えと面白さ。
さらにそれにより、地域で何かが芽生え、人々の中に化学反応のように変化が起きてくれたら、という思いと期待に胸が膨らみます。

この年末年始、何処にも行かずに自宅に籠って読書三昧となりました。
面白いもので、読書をしていると、自分の生き方について俯瞰するような視点が芽生えます。
暫し立ち止まって俯瞰し、また再び地上を走り始めるような、そんな年始の気分も得難いものです。

人と人の出会いや繋がりには、若い時にはよくわからなかった、摩訶不思議な引力が作用しています。
建築家は、そのような引力を自身とは別に、いくつでも形にして可視化させることができる、ということが強みです。
そんなことを意識し、また、その責任の大きさを感じながら、ことし、より一層、自分の持つ引力を空間に定着させ、結実させてまいりたいと思っております。

どうぞ、本年もよろしくお願いいたします。

高尾にて

20151119-1.jpg八王子の目白台という駅からさらにバスで10分程のところで鉄筋コンクリート造の住宅の改修を行なっている。
約5ヶ月の工期で躯体だけを残して後は完全にやり替えると言う大掛かりな工事である。
週に一度は現場にいくのであるが、同じ東京とはいえ、なかなかに遠隔地である。
朝行ったら帰りはもう日が傾いているということが良くある。
ちょっと前に高尾山に娘を連れていって来たが、その高尾山は目と鼻の先。
ならば、せっかく現場にいくなら朝早くに行って帰りに紅葉盛りの自然を少しだけ見ながら食事でもして帰ろうと、いくつかお店をピックアップして順次訪れてみることにした。

今日は自然の中という訳ではないが、一駅先の高尾にある、うなぎと釜飯のうまい店へ。
つい最近デイライトキッチンのオーナーに教えてもらったお店だ。
この辺り、平日のランチ時、どこもそうなのだがとにかく高齢者が多い。
僕が入店した時は、おばあさんと娘二人の3人連れ、脚の不自由な高齢女性一人、車椅子で来店した男女2人連れ、の計3組が料理の運ばれてくるのを待っていた。
僕はホタテの釜飯を注文。
20151119-2.jpg炊上るまでの20分、本を読みながら待っていると、周りの会話がいやでも聞こえてくる。
3人連れはおそらく最近おじいさんが施設に入ったのであろう。
しきりにおじいさんのボケの話をしている。
銀行にでも勤めていたのだろうか、昔は数字に強かったおじいさんがすっかり数字に弱くなって間違った主張をするので困っていると言う。
そうしたおじいさんに対して、頭にきたり、叱ったりする様子がリアルに話題にあがっていた。
お一人さんのおばあさんは40年前に息子さんを亡くし、息子さんと度々来店したこの店に今も時々来ていると語る。そして、家族から車を運転することを禁じられ、電車を乗り継いでくるのだが、いつまでここに来ることができるのかと嘆いている。
そして最後のお2人さん。
おばあさんは車椅子。
もう一人はお孫さんと見えた。
アイドル青年のようにやや長めの髪にウェーブをつくっているが、少しふっくらしており昔イケメン風である。
でも、かいがいしくおばあさんのお世話をしてここまできているとはと、感心して見ていた。
ところが最後の会計のときにわかったのだが、彼は介護スタッフなのである。
おばあさんが介護スタッフを伴って食事にきていた訳だ。
約5000円のランチ代はおばあさんのお財布から支払われ、楽しそうにお店を出て行った。
ギブアンドテイクの関係という訳だろう。

映画のワンシーンのように、静かに人生について語りかけてくる、穏やかな平日のランチだった。

出張の楽しみ

月に二度の岩手出張。
朝6時過ぎに家を出て夜9時に帰宅する。
なかなかハードな日帰り出張だが、現場が着々と出来上がっていく様子を見る楽しみに加えてもうひとつ楽しみにしていることがある。

20150919.jpgそれは地元ならではの食材と出会うことだ。
現場の近くの売店に立ち寄ることもあれば、時間がないときは盛岡駅の新幹線改札口の前に出る売店で適当に手に入れる。
これらの売店は行く時々で売り物が全く違う。
いつも同じものを売っているスーパーに慣れてしまっている僕たちにとってはとても新鮮で季節感満載なのだ。

二週間前はトウモロコシを買った。
ほかにはぶどうがたくさん並んでいたけれど、それ以外目立った売り物はなかった。

しかし、昨日は様子が全く違って、あふれるほどのキノコが山盛りに並んでいた。
もちろん岩手県産の天然物ばかり。
松茸、香たけ、ぼりたけ、本しめじ、ほおきたけ、それに、きのこじゃないけど、みずのこぶ。
今年は茸の収穫が早いらしい。

値段が手頃で、かつ、東京では手に入れられない珍しいものばかりを選び、レジ袋一杯買い込んで新幹線に飛び乗った。

映画二題

映画を二本観た。

アルゼンチン映画「人生スイッチ」
6つのショートストーリーが全て、想像ではあり得るけど絶対にあってはならない展開の連鎖。これをブラックユーモアというにはあまりにも肉食系なそのやり取りに平和な草食系日本人にはとても理解できない溝を感じた。
着眼点に興味を持って観に行ったけど、今回は完全に空振り。まあ、たまにはそういうこともあるさ。

20150906.jpg

そして、気を取り直して「あん」
僕の中では珍しく今回は邦画だ。
今年、河瀬直美監督がドリアン助川の同名の小説をもとに映画化した。

映画の舞台は、僕が育った西武線沿線。
それぞれが社会的弱者として生きる三人が交錯するのは、東京郊外のよくある風景。
しかも都市的に俯瞰してみると、どこか疎外感を感じる風景だ。
そこは、地方へと繋がるシェルターで覆われた高速道路と、都会へと繋がる私鉄電車が行き交う場所である。
武蔵野の森の中にひっそり佇むハンセン病療養所という、隔離されたコミュニティもそうだし、マンモス団地の風景もまた、どことなくそんな隔離されたコミュニティに重ねあわせて見えてくる。
しかし、そんなコミュニティが、意外に居心地の良さを醸し出していたりするところが、この映画に描かれた平凡な郊外の風景に活き活きとした力を与えはじめる。
むしろコミュニケーションが、いっさいない一人暮らしのアパートや、マンションこそが、隔離そのもの、のように見えてくるのだ。

満開の桜、そして時間と手間をかけて丹念につくられた餡をくるんだ一つ120円のどら焼き、そして餡をこしらえるためのハンドメイドの道具たち。
日本の美しさがこのような典型的な郊外の街にあってもなお、瑞々しく描かれていくことに引き込まれた。

夏本番の土曜日に

最後のブログから5ヶ月が過ぎ、二人の娘は無事、高校生と小学生になりました。
この間忙しさを理由にコラムの更新をさぼっておりました。
気がつくともうすぐ夏休み。

今日は土曜日ですが小学校から帰宅した下の娘を伴って午後出勤です。
打ち合わせテーブルでは何やら工作を楽しんでいる模様。
テーブルにおいてある模型は来週のプレゼンで使う大切な模型だから気をつけてね。
まあそんなことを言わなくても私の娘だもの、よ〜く、わかっています。

20150711.JPG

私はその間に遅れ気味な仕事上の指示を出すためのスタディーをしなければいけません。
今の私の事務所には設計業務を行なうスタッフ一名、家具など什器備品を扱う共同経営者一名、そして主に模型を作りに夜だけ来てくれている元スタッフ、それにメールで図面のやりとりをする外部協力者がいます。
それぞれに指示を出すのは私の役割なので、私の動きが止まることで、生産性はがくりと落ちてしまいます。
普段は夜中にチェックしたスタッフの図面や模型写真に対して自宅のパソコンで加筆修正してメールで指示を出すのですが、なんとここ1週間、自宅のパソコンがご機嫌斜めなのです。

今手がけているものは、住宅、集合住宅、テナントビルに加えて、高齢者集合住宅、リハビリ病院といった医療、福祉の分野も含まれています。
特に病院となるとその分野のスペシャリストが存在しますので、設計は専門の事務所に頭をとってもらい、その中で意匠デザインを主に分担して受け持っていくことにしています。
意匠デザインと言っても私の普段の仕事の仕方では意匠デザインのために構造、設備、電気の計画にも大きく影響を及ぼすことになるので、調整はなかなか大変な作業となります。
一方でそうした調整のために、ある一定の「逃げ」を設けておく、というのがこの業界の通例なのですが、私にはこの「逃げ」という言葉に未だになじめません。かつて先輩から、経験を積んだ設計者は「逃げ」がうまいのだぞ、などと大人ぶった言い方で説教されたことがある。けれども僕は極度の貧乏性なものでそんな勿体ないことはできません。
配管一本通すのにどこに置いたら一番内部への影響が少なくて済むか、合理的か、など検討しながら1センチ単位で調整しています。
だからいつも自らを苦しめ追い込むようなことをわざわざしているのです。
やっとできた完璧と思われた設計図書が一瞬にして施工不能に陥ったり、法的に抵触したりすることもあります。
そんな時はまたふりだしに戻って一からやり直します。
スタッフを含め、巻き込まれた関係者は大変だと思います。
しかしこうしてきめ細やかに造られた建物には必ず喜んでくださる利用者の方々がいらっしゃる筈です。このことを思うとやはり大切なことだと信じて疑いません。

だから協働事務所がお休みの今日も事務所でせっせとスタディーをしております。

モロッコ−最終回 雄大なランドスケープ

南部モロッコの雄大な風景には圧倒されます。
自然の力強さを感じる風景ですが、砂嵐と灼熱、そして凍てつくような冬の夜の寒さを考えると実際もの凄く過酷な環境です。
そんな過酷な環境でモロッコの人々は機械や車、電化製品といった便利なものに頼ることなく力強く暮らしていました。
最後にそんな風景をお届けします。

20150205-1.jpeg20150205-2.jpeg20150205-3.jpeg20150205-4.jpeg20150205-5.jpeg20150205-7.jpeg20150205-8.jpeg20150205-9.jpeg20150205-10.jpeg20150205-11.jpeg20150205-12.jpeg20150205-6.jpeg

Prev 1 2 3 4 5 6 7 8 9 Next

Page Top