桑原聡建築研究所

Satoshi Kuwahara Architectural Studio

  • 文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

home

Column

集合住宅のアーカイブ

Column

集合住宅 [ 2 entry ]

Airbnb で「オークフィールド八幡平」に滞在する

この7月からサービス付き高齢者住宅、オークフィールド八幡平のうち私が管理するお部屋で「Airbnb」をはじめとする民泊運用を始めました。
この夏には10組21泊分のお客さんをお迎えしています。

先日は、airbnbで私の部屋に宿泊いただいた二組目のお客さんで笑顔の素敵なお二人がピアノとボーカルを入居者の皆さんの前で披露してくださり、実に素敵な交流の時間を過ごさせていただきました。
多世代交流の実践中です。

20170828.jpg

こうした交流の仕掛けに加えてもう一つ、わたしの娘がオークフィールドに暮らし始めたこともあって、近頃入居者の方々の表情が更に明るくなったとここで働く誰もが感じています。
入居者の中には要介護と診断されている方もいらっしゃいます。しかしながらここに入居して暮らし始めてからそうした介護度の進行が横ばいになったとの主治医からの報告もいただくようになりました。
子供達が訪ねてきてふれあえる仕掛けを取られているところは他にも多くあるように思いますが、子供や旅人が一緒に一つ屋根の下で共棲している事例は滅多にないのではないかと思います。
私は子供が傍にいるだけの慰安訪問ではなくって、常にそこに同居している子供に「何かをしてあげたい」、とか、「何かを教えてあげたい」、とかの欲求がそこにあるかないかはとても重要なのではないかと考えています。
他人同士であっても家族のように自然に共棲していることが最も効果的なのではないかと思うのです。
そのあたりもデータで取れると良いなあと期待しています。

また地域で育った子供たちができるだけ早く地域に戻れる仕組みを作らないと地域は消滅します。

子供が核となった地域移住というのがこれからのニーズとして大いにありそうな気がします。
そのためには子供の育成が重要でその結果として高齢者の生きがいが付いてくるようなデザインが重要だと感じています。
そうするとそこに雇用が生まれる仕組みです。
子供を産んでも地域が見守ってくれるのであれれば、すぐに共働きで仕事に復帰できるわけですから、バンバン産んで育ててもらう仕組みが作れるわけです。

そんな実験を楽しく実践しておりますので、ぜひ皆さんも遊びに来てください。「百聞は一見に如かず」ですよ。

オークフィールド八幡平Airbnb、予約はこちらから

また、大学関係者の方へ、こうした研究テーマを持たれている方々でご興味を持たれた方々もぜひ足をお運びください。お待ちしています。

集合住宅巡り

20111125-7.jpg20111125-8.jpg20111125-9.jpg今日は快晴。久しぶりに自転車通勤だ。
ジムで一汗流したあと神宮前へ。
今回の理科大の課題が集合住宅で、規模的にちょうど良い建物でおすすめは?と問われて思い描いたのが、神宮前周辺に点在するヴィラシリーズのマンションだったのだ。
云った手前「今」の姿を見ておかなければいけない。
よくあることで。自分の記憶は下手をすると30年前のままだったりする。

ヴィラ・ビアンカ(1964)~ヴィラ・セレーナ(1971)~ヴィラ・フレスカ(1972)すべて至近距離に固まっている。
事務所からも近い。
ひととおりまわり、一旦表参道ヒルズに自転車を預けて江東区のマンション現場へ。
今日は最後の家具納品なのだ。
完成した現場をチェックし再び表参道へと戻った。
Nicolai Bergmannでランチしたあと最後にヴィラ・モデルナ(1974)を見学。

今でも全く古さを感じさせないこれらの集合住宅クラシック。
南面嗜好をあっさり切り捨てた形態がクラシックのなかにあって光る。
都心立地だけあって純粋な住居利用は少ない。
建築デザインが「似た者」同士を自然発生的に集める好例だ。
建物も素晴らしいが、住人たちのくらしぶりと、それらを見え隠れさせる仕掛けが素晴らしい。
大げさな共用部分で購入者の気を惹こうとする近年の「マンション」とは異なった正しい姿がそこにある。

Page Top