桑原聡建築研究所

Satoshi Kuwahara Architectural Studio

  • 文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

home

Column

Column

I'm home No.100~ 連載開始のお知らせ

現在書店に並んでいる住宅雑誌「アイムホーム」が100号となり、このタイミングに合わせて住まい作りの連載「建築家とゼロからつくる住まい」を始めることになりました。私は2000年冬に発刊された第1号からのおつきあいで、当初は季刊だったこともあり、かれこれ19年になります。書きたいことはいっぱいあって、書き溜めた原稿はたくさんあるのだけれど、ビジュアルがとても美しい雑誌なのでそのイメージを壊さないように、隔月の入稿に合わせて苦しみながら削りに削る作業に追われることになります。これから2年にわたってお届けしますのでぜひお手にとってご覧くださいませ。

アイムホーム100号連載-1.jpeg
アイムホーム100号連載-2.jpegアイムホーム100号連載-3.jpeg

I'm home No.100~ 連載開始のお知らせ

現在書店に並んでいる住宅雑誌「アイムホーム」が100号となり、このタイミングに合わせて住まい作りの連載「建築家とゼロからつくる住まい」を始めることになりました。私は2000年冬に発刊された第1号からのおつきあいで、当初は季刊だったこともあり、かれこれ19年になります。書きたいことはいっぱいあって、書き溜めた原稿はたくさんあるのだけれど、ビジュアルがとても美しい雑誌なのでそのイメージを壊さないように、隔月の入稿に合わせて苦しみながら削りに削る作業に追われることになります。これから2年にわたってお届けしますのでぜひお手にとってご覧くださいませ。

アイムホーム100号連載-1.jpeg
アイムホーム100号連載-2.jpegアイムホーム100号連載-3.jpeg

「家主と地主」

5月号表紙.jpeg
一月前くらいだったか、娘の学習教材を買おうと立ち寄った地元石神井公園の本屋さんで目に飛び込んできた雑誌のタイトルがなんと「家主と地主」!
そのまんまのタイトルに驚くとともに、さすが石神井公園、読者である地主さんがとても多い地域だということに納得。
そんなところで印象付けられたのだが、それから2〜3日してその「家主と地主」さん本人から電話がかかってきた。建築家が作る賃貸集合住宅の取材をしたいのだという。なんという偶然。
で、本日発売の「家主と地主」5月号106ページに曙橋の集合住宅「コートモデリア 四谷荒木町」
http://www.s-kuwahara.com/works/2018/02/works-886.html
が紹介されています。

★「全国賃貸住宅新聞」ウェブサイト
http://www.zenchin.com/
★「家主と地主」ウェブサイト
 https://www.yanushitojinushi.com/

5月号目次.jpeg

Ben Willikens のこと

Antoni Taulé と同様にかつてのヨーロッパ旅行で強く印象付けられた二人のアーティストのもう一人が Ben Willikens(ベン・ウィリキンス)だ。
1985年にフランクフルトのドイツ建築博物館で開催されていた展覧会で観た作品の作者だ。
1939年6月21日、旧東ドイツ、ライプツィヒ生まれ。
1947年に両親とともにソビエト占領を逃れ西側に移住している。
彼の作品はどれも一点透視で描かれた無機質な空間で、それらがギャラリーの壁一面ほどもある大画面に広がっていた。
吊り下げられた裸電球の影や、斜めに立てかけられた棒の陰が、かろうじて空間にわずかな動きを与えているものの、どこまでも冷たく静まりかえった空間は静謐であると同時に、静謐さとも違う何か今という次元を超えた、あの世の次元のようなそんな気配を漂わせている。
建築は使われなくなれば廃墟として生きることになるわけだけれど、この絵の中でそれらは廃墟にならずにそのまま静かに、生きているのか、死んでいるのか、どちらにも属さない、そんな状態にあった。言ってみれば「仮死状態」のような中で、わずかに生きていた。
特に、レオナルド・ダ・ヴィンチの「最後の晩餐」から、人ともの、そして装飾の一切を剥ぎ取ったかのような巨大な作品は圧巻だった。
それというのも、作者がかつて病気のためにほぼ1年間過ごすことになった病院生活での印象が彼にそのような絵を描かせたようだ。

Ben Willikens-1.jpeg

その時の展覧会で手に入れた作品集は今も宝物として「座右の銘」のごとく大切にデスク脇の本棚に収まっているし、時々プレゼンテーションのイメージ資料として使わせていただいてもいる。
Ben Willikens もまた、Antoni Taulé と同様に美術書店や美術館の学芸員に何度か問い合わせたけれども全く手がかりがつかめなかった作家だった。
しかし、僕の観た1985年の個展以降、これまたAntoni Taulé 同様、Ben Willikens もまた、オペラハウスのための舞台デザインを手がけるようになったという。
僕としては是非、日本での展覧会を実現してもらいたい、そんな作家の一人だ。

早速、1985年以降の作品集をアマゾンで見つけたので即ポチッ!といたしました。

Ben Willikens-3.jpegBen Willikens-4.jpeg

Antoni Taulé のこと

AntoniTaulé と言う画家がいる。1945年8月25日カタロニア生まれ。おそらくこれまで日本で目にすることはなかった名前だろう。僕はこの画家の絵を今から33年前のパリで観て、そこに描かれていた、室内にたちこめる「まどろむような光」の美しさの虜となった。人物も家具も装飾品も何も置かれていない、人の気配が絶えた室内。しかし、寸前までそこにあったであろう気配を感じるのだ。画家の名前を手帳にメモし、そのとき求めた2点の絵葉書を大切に額に入れて事務所の壁にもかけていた。日本に帰り美術書店を回って何か彼に関する書籍がないか問い合わせたけれども全くわからないという。美術館の学芸員や画廊経営者などアート関係者にも知り合うたびに問い合わせてきたが全く手がかりがつかめなかった。以来ヨーロッパに行く際にも必ず気にしていたのだが、やはりわからずじまい。そのうちに徐々に記憶から遠ざかっていった。

昨日、美術手帖の展覧会情報を何の気なしにチェックしていたら、おっ!アントニ・タウレ「INSULA LUX 光の島」展とあるではないか。瞬時に鮮明な記憶が蘇ってきた。
当時と異なり今はネットの時代。どんなにマイナーな情報でも瞬時に検索できる時代だ。
ネットで調べてみると幾つかの情報が出てくる。
もともと建築出身で舞台美術を手がけるアーティストだとのこと。なるほど!と思わされた。
今から楽しみな再会だ。

このコラムで興味を持たれた方は是非足を運んでみてください。
「世界各地の劇場で舞台装飾も手がけてきた比類なき画家の日本初の個展です」と紹介されています。

Antoni Taulé » Psychosynthèse 1 (Psicosintesis 1).jpeg

アントニ・タウレ「INSULA LUX 光の島」

会期:2019年1月16日~2月14日
会場:シャネル・ネクサス・ホール
住所:東京都中央区銀座3-5-3 シャネル銀座ビルディング4階
電話番号:03-3779-4001
開館時間:12:00~19:30
休館日:会期中無休

I'm home No.97 掲載のお知らせ

商店建築社から現在発売中の隔月刊「アイムホーム」2019 January No.97 にて
2011年5月に竣工した東中野の住宅-2(K邸アネックス) と、2011年10月に竣工した東中野の住宅改修(K邸) が紹介されています。
住宅の紹介記事は40〜49ページに、77〜78ページでは設計のポイントをいくつかお話しさせていただいております。
どうぞ書店にてお手にとってご覧いただければ幸いです。

CONFORT No.165 掲載のお知らせ

20181115_confort.jpeg建築資料研究社から現在発売中の月刊誌「CONFORT」2018年12月号 No.165 にてバスルーム・パウダールームについての取材を受け、幾つかのポイントをお話しさせていただきました。138〜139ページで紹介されています。
どうぞ書店にてお手にとってご覧いただければ幸いです。

I'm home No.97 掲載のお知らせ

商店建築社から現在発売中の隔月刊「アイムホーム」2019 January No.97 にて
2011年5月に竣工した東中野の住宅-2(K邸アネックス) と、2011年10月に竣工した東中野の住宅改修(K邸) が紹介されています。

竣工からだいぶ時間が経っていますが、今回の編集テーマは「Sustainable Home Planning ライフスタイルの変化を踏まえたプランニング」。副題は「Long Life Confort 年を経ても暮らせる心地よい住まい」とあります。
テーマの通りクライアントご夫妻とのご縁は23年にわたりますが、その間に法人のプロジェクト、個人のプロジェクト合わせて10現場を超えたおつきあいを継続させていただいています。
その間こちらも同じことをし続けているわけではなく常に勉強です。
少しサボって同じことをしようとするとすぐに見破られ叱咤激励をいただいてしまいます。
クライアントご夫妻からスマートハウスについて研究するよう指示をいただいたのは20年以上前になります。
スマートハウス自体は建築的な要素というよりも技術によって立つものであったことから空間の作り込みに取り入れることはありませんでした。
こうして彼らからは常に一歩先をいくことが求められてきましたが、しかし、今もお互いに同じスピードで高齢化に向けて歩んでいるわけです。
そうした中で一歩先の変わらないテーマを見つけそこに向けて最初は無駄かもしれないけれど普遍的に作りこんでおくことを忘れてはならない要素もあるわけです。
編集部からの取材にあたり、そんな思いを持って臨みました。
住宅の紹介記事は40〜49ページに掲載されています。
また、77〜78ページでは設計のポイントをいくつかお話しさせていただいております。
どうぞ書店にてお手にとってご覧いただければ幸いです。

Prev 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 Next

Page Top