桑原聡建築研究所

Satoshi Kuwahara Architectural Studio

  • 文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

home

Column

Column

I'm home. no.106 2020 Jul(2020年5月16日発売)に連載のお知らせ

imhome106-1.jpeg

I'm home. no.106 2020 Jul(2020年5月16日発売)に連載のお知らせです。
連載第7回目は、住まいの中で家族が集まる場所、パブリック空間となるリビング空間について解説しています。どうぞ書店などで実際にお手にとってご覧下さい。

imhome106-2.jpegimhome106-3.jpeg

I'm home. no.106 2020 Jul(2020年5月16日発売)に連載のお知らせ

imhome106-1.jpeg

I'm home. no.106 2020 Jul(2020年5月16日発売)に連載のお知らせです。
連載第7回目は、住まいの中で家族が集まる場所、パブリック空間となるリビング空間について解説しています。どうぞ書店などで実際にお手にとってご覧下さい。

imhome106-2.jpegimhome106-3.jpeg

I'm home. no.105 2020 May(2020年3月16日発売)に連載のお知らせです。

I'm home. no.105 2020 May(2020年3月16日発売)に連載のお知らせです。
連載第6回目は、住まいの外側(パブリック)から住まいの内側(プライベート)へ。空間の抑揚や流れの中に内部空間を組み立て計画するプロセスについて解説しています。どうぞ書店などで実際にお手にとってご覧下さい。

imhome105_表紙.jpeg
imhome105_contents1:2.jpegimhome105_contents2:2.jpeg

I'm home. no.105 2020 May(2020年3月16日発売)に連載のお知らせです。

I'm home. no.105 2020 May(2020年3月16日発売)に連載のお知らせです。
連載第6回目は、住まいの外側(パブリック)から住まいの内側(プライベート)へ。空間の抑揚や流れの中に内部空間を組み立て計画するプロセスについて解説しています。どうぞ書店などで実際にお手にとってご覧下さい。

imhome105_表紙.jpeg
imhome105_contents1:2.jpegimhome105_contents2:2.jpeg

I'm home. no.104 2020 March(2020年1月16日発売)に連載のお知らせです。

I'm home. no.104 2020 March(2020年1月16日発売)に連載のお知らせです。
連載第5回目は土地に建物を配置するときに街と住宅をどのようにつなげていくのか、街や周辺環境との関わりの中で住まいを作り上げていくプロセスについて解説しています。どうぞ書店などで実際にお手にとってご覧下さい。

Im_home_104_1.jpeg
imhome104_contents_1.jpegimhome104_contents_2.jpeg

I'm home. no.104 2020 March(2020年1月16日発売)に連載のお知らせ

I'm home. no.104 2020 March(2020年1月16日発売)に連載のお知らせです。
連載第5回目は土地に建物を配置するときに街と住宅をどのようにつなげていくのか、街や周辺環境との関わりの中で住まいを作り上げていくプロセスについて解説しています。どうぞ書店などで実際にお手にとってご覧下さい。
Im_home_104_1.jpegimhome104_contents_1.jpegimhome104_contents_2.jpeg

仕事納め

20191228.jpegクリスマスが終わるまで全く手付かずだった年賀状。印刷から宛名書き約300枚すべてのコメント入れまで含めてこの2日の中の隙間時間でなんとか完了。奇跡だ。
そしてさらに昨日は急に思い立って事務所の大掃除も敢行。夕方から始めてみっちりと3時間、かなり物を減らし、なんとかきれいな状態で新年を迎えられそう。
今日は地元郵便局へ年賀状を出しに行き、その後事務所へ。やり残した自分の机の上の最後の片付け。これで事務所の2019年は全て終了。
明日は第九。そして明後日早朝から志賀高原へエスケープ。
雪不足が心配された今シーズンだが、今日は相当な勢いで降っている模様。
家のクリスマスツリーにはもう少し働いてもらいます。

20191228-2.jpeg

増上寺塔頭宝珠院

20191226-1.jpg

藝大の一学年先輩の建築家、小川真樹さんの最新作になる「増上寺塔頭宝珠院」を見せていただいた。
今はまるでこの新しい寺院の庭のように見える弁天池だが、かつてこの池でお花見をした時、確かにその隣に小さなお寺がひっそりとあったなあ、と思い出した。僕は1994年独立した当初、麻布台に事務所を構えていたから、この辺りはよく通った場所なのだ。でもその場所の印象は言われてみないとわからないくらいの場所だった。しかしそんな場所がこの年の瀬、劇的に生まれ変わった。
新しく生まれ変わった寺院は外から見ると住宅のようであり、一階部分には茶店のような売店がある。そんな店舗併用住宅のような佇まい。
よく考えてみれば寺院は住宅だ。仏様と一緒に住む住宅だ。寺院には庫裡(くり)と呼ばれる住空間がある。大抵の場合、庫裡は別棟で、住職の暮らしを外から伺い知ることはできない。
しかし、ここ宝珠院は本堂と庫裡が一体になり、お互いがガラス開口を介してつながっている。さらに弁天堂に閻魔堂も。
庫裡、つまり住職の住まいの食堂では、ガラスを介して上座に阿弥陀如来が座している。将来を担う子供たちの部屋に出入りするのにも阿弥陀如来像に一礼する。そしてその奥の扉を開けると閻魔大王を見下ろすキャットウォークにつながる仕掛け。

20191226-3.jpg

20191226-4.jpg

この家で育つ子供は絶対に悪いことできないよなあ〜と、ちょっと窮屈な暮らしもイメージしてみたが、そこは建築家もぬかりない。子供室の扉はきちんと四周防音仕様。窓からこの家一番の花見ができる二つの子供部屋は別世界。
「公園と地域に開かれた寺院」と一口に言ってしまえば、昨今よくありそうな話になってしまいがちだが、実は一発芸で出来上がったものではない。ここにある坐像はかつて見世のような往来の賑わいの中に置かれていたことを発見し読み解くことで新たな配置を決定したもの、しかし、檀家を持たない寺院のとぼしい資金力から建設費をどうやって調達するかの大問題、さらに追い討ちをかけた未接道という重大な課題。それでも諦めずに一つ一つじっくりと時間と手間をかけて解決した模様が本人の口から語られ、見学者一同納得。
住職と建築家の思いが凝縮された濃密な空間だった。

20191226-2.jpg

20191226-5.jpg

さて見学会を終えて向かった先は東銀座。高熱を出して二日間休養した娘と待ち合わせ。十二月歌舞伎千穐楽。平賀源内の浄瑠璃「神霊矢口渡」とグリム童話白雪姫から「本朝白雪姫譚話」。琴・三味線・小人たちが唄う、パパゲーノのアリア「おいらは鳥刺し」、ザラストロのアリア「おお、イジス、オジーリスの神よ」も楽しかった。
劇場を出る頃にははやくも「二日初日」の幕が準備されていた。インフルが疑がわれた娘も今日から本調子。

20191226-6.jpg

Prev 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 Next

Page Top