桑原聡建築研究所

Satoshi Kuwahara Architectural Studio

  • 文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

home

Column

Column

あえてバリア

高齢者のための居住環境を考える時に、必ずバリアフリーの概念が下敷きとして理解されるが、医療、福祉、介護の現場ならともかく、こと住宅となるともう少し別の解釈もあるだろう、というのが私の思いだ。あえて安全で積極的なバリアを設ける手法である。

そもそもバリアフリーってなんだろう?
生活の支障となる物理的な障害や、精神的な障壁を取り除くための施策とある。しかし、国交省のパンフレットによると、高齢者・障害者等の移動の円滑化のため、とあり、現実には建物の段差を取り除くことなどのみを示すにとどまるケースが多く見られる。

20160705.jpg18年前に古稀を迎えた私の両親の家を設計した時、ホームエレベーターの設置を望んだ両親を説き伏せて、蹴上15センチ、踏面30センチの緩勾配の階段を6段ごとに踊り場を設けて、螺旋状に4回、階高3.6メートルを24段、自力で登らせる動線を設けることで日常の歩行動作を促す計画とした。
http://www.s-kuwahara.com/works/1998/07/works-89.html
今月88となる父も84の母も、寝室、風呂、洗濯機のある1階とリビング、ダイニング、テレビのある2階の間を1日に何度も往復する。いや、「させられて」いる。
「しなければいけない」からだ。
いざとなればエレベーターを取り付けられるように、階段の中心に四角いヴォイドを設けているのだが、未だその必要はなく、クローゼットとして機能し続けそうだ。

その後、高齢のクライアントや、終の住処として建て替えを希望されているクライアントのために、こうした考え方は常に用いるようになった。
さらに、昨年末に完成したオークフィールド八幡平は、個人住宅ではなく、高齢者福祉施設に位置付けられるサービス付き高齢者住宅なのだが、ここでも同じ考え方を実現させた。
http://www.s-kuwahara.com/works/2015/11/works-828.html
この建物には小さなホームエレベーターが一基設置されてはいるが、大きな荷物を運ぶとき以外利用する人はいない。最高齢の方で90となる入居者の方々だが、皆さんスロープと階段を自力で歩いて別棟のレストランへ行ったり、そこから外出したりしている。

かつて観に行ったことがある、荒川修作とマドリン・ギンズによる「養老天命反転地
http://www.yoro-park.com/facility-map/hantenchi/
これは我々の平衡感覚器そのものに芸術家の意図的な外力がダイレクトに与えられることで、それまで当たり前と思っていた状況が全てあっさりと覆されて、混乱(人によっては吐き気や転倒、怪我なども含む)と格闘しながら作品の中を彷徨うという、それまで誰も考えたことのなかった壮大な作品だ。人の意識というのは実に創造性の賜物である。ほんの僅かな外力によるその変化と反応は、人によっておおきな違いを生むのである。

そこまで芸術的、あるいはアスリート的に追求しなくても、日常生活の中でより自発的に体を動かし、体に備わるセンサーの働きを促す仕掛けは重要である。
というのも、バランスを保つためのセンサーの役割を果たしている、内耳の平衡感覚器、つまり三半規管と耳石器は加齢とともに衰えて行く。この平衡感覚器の衰えは、めまいの原因となり、やがて転倒事故を招く。特に高齢者の転倒事故は致命的なダメージを与えることになりかねないのだ。
転びにくい体を作るために、常日頃からウォーキングやストレッチなどの運動で筋力や柔軟性を高めるのに加えて、バランスを取る力を鍛えるトレーニングを組み込むことが重要なのだ。

しかしながら、食料を得るために山に入り、洗濯をするために川まで歩き、炊事のために薪を拾いに行くことが当たり前の人々からすると、体力維持のためにわざわざ機械を使って運動をする現代の人々の姿は異様な光景だろう。

だから私は住まいの設計をする時、少しだけ意地悪をして空間に仕込んだ「あえてバリア」、ちょっと使いにくいことや回り道を設けることで、我々の知恵と工夫と感覚を呼び覚まし、本来持っていた健全な感覚を衰えさせることなく持続可能なものとすることを重要なことがらと考えているのだ。

恒例の岩手県八幡平出張

今日も恒例の岩手県八幡平への日帰り弾丸出張でした。
最近は月一回になったので以前のように慌ただしくはありません。
それでも時間が経つのはあっという間で、午前中のオークフィールドミーティング、オークテラスでのランチ、そして午後の東八幡平病院建設ミーティング、そして帰りの時刻までの残された時間を使ってお昼に食べ損ねたランチの続きを堪能して!帰ってきました。
朝からよく晴れていたので、隙間時間に夏の高原気分を味わいました。
写真を見ればその気分を共有できるかと思います。

20160701-1.JPG20160701-2.JPG20160701-3.JPG

本当に心から安らげる風景と人々の営みがここにはあります。
首都圏の夏の暑さにうんざり、
山や自然が好き、
地産地消のおいしい食事を味わいたい、
そんな Over 50s の方々のために、お試し移住、大募集中です。
もちろん即入居したい!という方も大歓迎です。

オークフィールド八幡平
事業者のウェブサイト
スーモの紹介記事
紹介VIDEO

アウトドア家具納品

ドイツに注文していた、八王子の住宅改修の現場のテラスに設置するアウトドア家具がやっと届いたので、納品チェックに出向いた。
この家具、セブ島の藤編み職人の手により編まれてドイツにいったん戻り、その後検品を経て日本にやってくるのだそうだ。

20160623.jpg設置場所となる八王子の現場では3月に植えた植木も梅雨の雨を浴びて元気に育っている。
緑がいきいきするこの時期、周囲が緑に包まれてさえいれば、何もしなくても住宅の佇まいは美しい。
今は建築家にとってそんなふうにお得感がある季節なのだ。
そんな緑豊かな環境で作ったテラスなので、絵になるし、実際のところとても気持ち良い。
遊びにいらしたお客さんがなかなか帰りたがらなくてね、、、と嬉しそうに話すクライアントさんも心から喜んで下さっていて、そんな様子を見るのはこちらにとって、心から嬉しい。

さて、この次は緑が濃くなる頃を狙っての写真撮影、及び、テラスでのお茶を楽しみにすることにしよう。

白金台の集合住宅

20160622-1.jpgオーナー2戸、賃貸7戸の集合住宅が、港区白金台2丁目にもう少しで完成します。
2013年夏、土地建物の相続の相談からスタートして、建設資金の調達のために敷地の半分を売却することで実現したプロジェクトです。
当初は、土地がすんなり売却できるのか、建築費高騰の時期、いったいどのくらい分筆すれば建設資金が足りるのか、建築の設計以前の課題がたくさんありました。
幸い、かつて不動産会社に在籍していたことがある僕の周りには、超優秀な不動産企画マンがたくさんいます。
20年前、当時未だ「デザーナーズマンション」という不動産の商品カテゴリーが存在しなかったころ、しかも賃貸ではなく分譲で売ろう!と意気込んで企画したプロジェクトがありました。
そのとき、ともに苦労した(正しくは「僕のせいで苦労させられた」)T君に今回の不動産絡みの業務を全面的にお願いすることにしました。

今回のプラン、台形の土地の形状から導いた、扇型に開いたユニットを、回転させながら平行移動することで3スパンの雁行した平面形を生みだしています。
数学的に規則的な雁行と異なって、幾何学的なルールの中で操作しているのだけど結果的に自然発生的なずれ方をして行くところが作っていてとても面白かったです。(といっても、見ていない人には何のことやらわからないですよね?)
ともかく、現場監督はとても苦労させられていましたけれど。

20160622-2.jpg20160622-3.jpg

そんな現場ですが、来月27日の引渡に向けて工事は進んでいます。
引渡を前に、7月16日(土曜日)12時〜18時、7月23日(土曜日)12時〜18時に内覧会を予定しています。
(以前、フェースブックで7月9日、10日、16日、とお伝えしていた方、修正願います!)

○是非見てみたい!という方、
○桑原に久しぶりに会いたいな、という方、
○近くだから散歩がてらひやかしにいこうかな、という方、
○うちも作っているから参考にしちゃおうかな、という方、
○白金台周辺で家を探していたんだよね〜、という方、
○白金台周辺で事務所を探していたんだよね〜、という方、
○もちろんその両方でも良いですよ。
○同じようなもの(違ったって良いですけど)を作りたいから頼むよ、という方。

皆さん是非いらしてください。
スタッフ一同(といっても、3人ですが)お待ちしております。

サマータイム

少し前から自転車通勤を始めた。20160621.jpg
片道約10キロの道のりは慣れれば30分で到着する。
なんと、車通勤するより早いのだ。
これまでは子供たちと一緒に朝ごはんを食べてから7時過ぎに出発して8時前に事務所に出社するようにしていた。
事務所の近所に格安で借りているガレージが8時オープンということもその理由のひとつだ。
けれども、自転車であれば時間は自由だ。
さらにこれから夏本番に向けて朝の日差しが強くなるので、出発の時間を早めることにした。
現在の日の出は4時半で、そこから1時間半以内ならまだ日差しはそれほど強くない。
だから4時に起きて、洗濯・娘の弁当・朝食・夕食の前準備を順次済ませて、5時半に出発。6時に出社と決めた。

6時に仕事を始めると、よく言われる通り、とにかく仕事がはかどる。
食卓で朝食をとる娘たちとは二人が通学するまでSkypeでつなげておく。
これで朝の会話ができるし、姉妹の喧嘩の仲裁もできる。

事務所では先ず大量に汗をかいた後の水分補給。うまい。
その後のエスプレッソもこんなに美味しいのかと再発見。
起床から8時間目となるお昼頃にはさすがに眠くなり、ウトウト。
午後もまだ日の高いうちには自転車では暑さが厳しいので、日没1時間前の5時半まで頑張って仕事する。

そして日没前のブルーモーメントは家で過ごすのだ。
昨日は小2の娘に手伝ってもらい、一緒に羊肉のオーブン焼きを拵えた。
学校で収穫してきたミニトマトも添えた。
良い1日だった。

これを僕のサマータイムとして継続採用決定。

「セビリアの理髪師」

昨日の父の日、家族でオペラを楽しみました。
オペラはだいたい年に4回くらい家族で観に行きます。
といっても、何万円もするような有名歌劇場の来日公演にではなく、お財布に優しいものに限り、です。

20160620.jpg昨日の演目は、ロッシーニのオペラ・ブッファ「セビリアの理髪師」
オペラ・ブッファは子供たちと一緒に見てもシリアスな場面がないので、とても楽しく、ペルゴレージ、チマローザ、ドニゼッティ、モーツァルトなどと並んで、これまでも何度か観てきたので、子供たちにとってもお馴染みの演目です。
音楽付喜劇ともいえる舞台は、悪を笑いにかえ、滑稽さを強調する大げさな振り付けに、客席からは思わず笑い声が加わります。
また、オペラでは裏方とも言えなくもない楽団も、ここではとても楽しいのです。
指揮者がタクトを置いてチェンバロを弾き、ギター弾きがオケピから舞台に上がり、愛のカンツォーネを伴奏します。
そして、素っ頓狂な甲高い音を奏でるピッコロ(フルート)が、楽団でも道化を予感させています。

さて、物語の主人公、アルマヴィーヴァ伯爵は、フィガロのとりなしにより、医者バルトロから資産目当ての結婚を迫られていたロジーナ嬢に猛アタック。なんと、このバルトロは、ロジーナ嬢の叔父であり、後見人なのです。しかし、エンディングではめでたくアルマヴィーヴァ伯爵はロジーナ嬢を妻に迎えます。ところが、続編となる、モーツァルトの「フィガロの結婚」では、アルマヴィーヴァ伯爵は一転、超浮気者として描かれ、当時貴族の間に横行していた「初夜権」を復活させて、フィガロの結婚相手であるスザンナ嬢をなんとかモノにしようと画策する悪者を演じます。
あのときの情熱は今何処に?今でもよくある話ですね。
そうしたことを知って観ていると、その歌、表情、振り付けの中にはそう一筋縄ではいかない、人々の心持ちや狡猾さも同時に表現しようとしているのがわかります。

笑い声の少し大きめな下の娘は、前の席のおじさんから時々睨まれていましたけどね。。。

Good Over50's「くらしのデザインサロン」

20160617.jpgそごう・西武が、一般社団法人ケアリングデザインと連携して、池袋西武7階インテリアフロアで運営を開始する、Good Over50's「くらしのデザインサロン」に建築家の一人として参加することになった。

この企画、Good Over50's とのネーミングの通り、50代以上の大人の暮らしと住まいづくりを、プロがサポートする。
建築家、インテリアデザイナーも、70代の建築家、阿部勤さんを筆頭に、やはり50オーバーのシニア層。56の僕も有資格者だ。一時期「若手建築家」とか、「30代」「40代」と括られ、排除されるたびに脱落感を募らせていたので、今回はなんだかちょっとよい気持ち。

かつて、バブル景気の頃、池袋西武には「STUDIO CASA」という、インテリアから始まるライフスタイルの提案を発信する売り場があった。しかし、バブル崩壊とともに残念ながらその姿を消した。その後、1999年に開店した「イルムス」もリーマンショック後の2010年に閉店してしまう。
アパレルが好調な時期や、原点に立ち返って再生を図る時期には、どう見ても嵩張るし、面積あたりの単価が延びないインテリア商材は、邪魔で不遇な扱いを受けざるを得ない。
梱包体積あたりの売上単価で比較したら、衣料、宝飾品とは比較にならない程、効率が悪いのだ。
しかし、インテリアから始まるライフスタイルへの眼差しが、ファッションのトレンドもまた新しく生みだし、新しい消費を生み出す原動力になることは、誰もが理解している。
けれども、いざ売り場単位の競争となると、どうしてもインテリアビジネスは分が悪い。
50から始まる残りの人生が美しく楽しいものであろうとするならば、このビジネスも同じように息長く見守っていきたいものだ。

ちなみに、幼少の頃からデパートと言えば「池袋西武」であり、南北に細長い館内の隅々まで知り尽くしていた僕の記憶は、かつての華やかな時代、堤清二率いる「セゾングループ」のまんま。しかし、2003年からは「ミレニアムリテーリング」、2006年から現在の「セブン&アイホールディングス」へとその母体は大きく変化している。

さて、このサロン、面積は約200m2。なかには、約70m2のリノベーションハウスの実物大展示もある。私は6名の建築家、インテリアデザイナーとともにパネル展示を行っている。池袋へお越しの際は、是非お立ち寄りを。
8階の屋上テラスも素晴らしいので、そちらに立ち寄るのも忘れずに。

「くらしのデザインサロン」展示は来週、6月24日からスタートする。

2016 年始のご挨拶

20160105.jpgあけましておめでとうごさいます。

昨年暮れ、今シーズンのスキー初滑りの際に、小一の娘が骨折し、年末年始の旅行は全てキャンセル。自宅で安静に過ごすこととなってしまいました。
年末年始の医師の都合もあり、手術は10日待っての正月休み明けとなるため、未だ、なすすべなく自宅に籠っております。

昨年は、仕事でもプライベートでも、彼方此方へ出掛け、随分慌ただしい一年を過ごしてまいりました。
今年も、それなりに移動の多い年になりそうで、まだまだ精力的に動いて参ります。
現在、岩手県の八幡平で手がけている、高齢者居住のプロジェクトが第二ステージに入り、隣接する病院の建て替えが、今春着工を目指して前進します。
私は微力ながらも、デザインディレクションに関わっております。
空間から発信されるコミュニケーションが、地域に放たれることの手応えと面白さ。
さらにそれにより、地域で何かが芽生え、人々の中に化学反応のように変化が起きてくれたら、という思いと期待に胸が膨らみます。

この年末年始、何処にも行かずに自宅に籠って読書三昧となりました。
面白いもので、読書をしていると、自分の生き方について俯瞰するような視点が芽生えます。
暫し立ち止まって俯瞰し、また再び地上を走り始めるような、そんな年始の気分も得難いものです。

人と人の出会いや繋がりには、若い時にはよくわからなかった、摩訶不思議な引力が作用しています。
建築家は、そのような引力を自身とは別に、いくつでも形にして可視化させることができる、ということが強みです。
そんなことを意識し、また、その責任の大きさを感じながら、ことし、より一層、自分の持つ引力を空間に定着させ、結実させてまいりたいと思っております。

どうぞ、本年もよろしくお願いいたします。

Prev 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 Next

Page Top